ごあいさつ

シニア賃貸住宅サポートセンター札幌 理事長挨拶

当NPOは、高齢を理由に入居を断られる高齢者と空室で悩む賃貸住宅オーナーさんの間に立ち両者の利害関係を調整することを行いたいと考え発足致しました。

日本の高齢者(65歳以上)の割合は年々増加し、少子化もあわせて、一人暮らしを余儀なくされるお年寄りが増えています。 特に年金や生活保護で生活している一人暮らしの方は、民間の賃貸住宅に入居できにくい状況にあります。 シニア賃貸住宅サポートセンター札幌 ごあいさつ

一方、民間の賃貸住宅で、供給過剰や築年数のたった為に空室を抱えて困っているオーナーさんがいらっしゃいます。

その両者の間に入って、 当NPOが入居する高齢者の方の生活をサポートする“見守り”を行う事を条件に借り上げ、それによってオーナーさんの不安材料を取り除き、と同時に高齢者の方は、NPOからお部屋を借りる事によって、安心して生活できるようになるという支援組織です。

つまり、高齢者の方が入居する事で起こりうる問題について(健康上の問題、家賃の問題、家族との問題、万が一の場合など)NPOがオーナーさんとの間にたってサポートさせて頂くシステムです。 また、町内にある空家等を利用し高齢者のシェアハウスやコミニティハウスの利用等も考えております。

「高齢者でも一人で安心して暮らせるように、まずはその“住まい”から」、さらには、高齢者を取り巻く社会情勢の中で、情報のご提供を逐次する事によって高齢者の安定した生活にお役に立てたらという思いで「人にやさしい町つくり」を目標に活動をして行きたいと考えております。

 NPO法人シニア賃貸住宅サポートセンター札幌 ごあいさつ

シニア賃貸住宅サポートセンター札幌とは

高齢で、「近隣に保証人になってくれる身内がいない」などの理由で賃貸契約を断れたり、入居できない方たちを対象に、空室で困っている賃貸住宅をお持ちのオーナーとの間に立って入居をお手伝いします。

不動産会社に案内してもらったが、高齢のために入居を断られた方たちも不動産会社を通してでもご連絡ください。 NPO法人シニア賃貸住宅サポートセンター札幌では、賃貸住宅のオーナーから部屋を借り上げて高齢者に住まいを提供し、入居後も安心して生活できるように支援します。

シニア賃貸住宅サポートセンター札幌とは

ご利用出来る条件

自立した生活を送れる方
家賃滞納をしない方
共同生活に支障がない方
暴力行為の前歴がない方
認知症でない方
アルコール依存症・薬物中毒ではない方
解約時に荷物等の引き取る身内がいる方(いない場合は相談)
  1. 定期訪問(原則1回/月
    ご入居様のお宅を訪問し、いろいろな相談・悩み事を聞き解決に協力します。
  2. 乳製品の配達
    配達員による声掛けをして、週1回安否確認をします。
  3. 役所等への各種申請の手伝い

基本メニュー

(月額5,000円)

  1. 月1回の定期訪問と相談業務(訪問時間30分以内)
  2. 乳製品の配達(原則週1回・配達員による声掛け)

有料サービス

  1. 行政機関等への各種申請のお手伝い(申請1件当たり5,000円から)
  2. 介護施設の紹介及び入会支援(別途ご相談)
  3. 生活上のお手伝い(料金メニューによる)
  4. 成年後見支援、死後事務処理等(別途ご相談)
NPO法人 シニア賃貸住宅サポートセンター札幌とは