オーナー様募集

?そもそも、
賃貸経営者にとって良い入居者とは?

それは、
長く、静かに家賃の滞納なく笑顔で入居してくれる人ではないでしょうか。

これからのアパート・マンション経営を考えましょう

これからの情勢を考えた特徴あるアパート経営は、
不動産会社、管理会社任せにせず、オーナー自身の経営努力、
違う角度から見たアパート経営の考え方が必要です。

高齢者・住宅確保要配慮者に、安心できる住まい提供を全室ではなく、
1室でも2室でも空室の貸出を行うことにより、
これから激化する高齢者社会におけるアパート・マンション経営に貢献でき、
良き入居者探しのヒントにもなり、国が推奨する「新たな住宅セーフティネット制度」にも準じる経営ができます。

安心のサポート体制

シニア賃貸住宅サポートセンター札幌にお任せいただくと「安心」が付いてきます!!

見守りサービス

高齢の入居者様の安否確認をサポートいたします。

  • 電話見守りサービス。
  • 人感センサーによる見守りサービスも利用できます。
定期保険に加入
安心の特約付き

入居者様は当センター特定の定期保険に加入いただきます。

  • 特殊清掃費用特約
  • 遺品整理費用特約
家賃債務保証業者に加入
安心の特約付き

入居者様は当センター特定の家賃債務保証業者に加入いただきます。

  • 死亡時の
    原状回復保証

賃貸アパート・マンションの現状

平成26年から金融機関の低金利政策により既存物件の建替え、サラリーマンの定年後の収入源としてのアパート経営を目指す方、道外からの投資目的による買付が増加してます。

↓

これらにより

アパート・マンションの建築ラッシュ

アパート・マンションの建築ラッシュ(低金利前の3倍の建築数)。

土地高騰による鉄筋等の高層階化により、収容戸数が木造の数倍。
人口減少の続く中の過剰貸借物件。

アパート・マンションの高層階化
築後10年目以降の物件空きが目立つ

築5年目位からの物件に空きが目立ちだし、築後10年目以降の物件では、立地等の条件にもよるが、年間入居率が7割から6割に割り込む物件が増えてくる。

営利を目的にしている仲介不動産会社は、入居者の決めやすい新しい物件に力を入れる。

新しい物件のみ仲介
↓

結果、これから起きる問題は

支出ばかり増えて入居率、収入が安定しない!

広告料等、今まで以上の出費が掛かるが入居率は改善されません。
今新築だからと考えても、数年後は入居率が下がります。
新築時の利回りの低い物件オーナー様にとっては金融機関の金利の上昇も考えられます。

↓

それならば、対応策は?

?そもそも、
賃貸経営者にとって良い入居者とは?

それは、
長く、静かに家賃の滞納なく笑顔で入居してくれる人!!

↓

お問い合わせください!

シニア賃貸住宅サポートセンター札幌がお手伝い!

お問い合わせ

シニア賃貸住宅
サポートセンター札幌が
入居をサポート

身寄りが無い・高齢などの理由で賃貸住宅にご入居できない方を対象に、空室で悩む賃貸住宅オーナー様との間に立って入居をサポート!!入居後もさまざまなサポートで安心!!

お気軽にお問い合わせください!

(C)2018 NPO法人 シニア賃貸住宅サポートセンター札幌